AMAZONから3,000円もらう裏技

AMAZONサイバーマンデーにGoPro HERO7が登場!過去の実績から販売価格を予想

「ジンバルいらず」といわれるほどの超強力手ぶれ補正「Hyper Smooth」搭載で驚くべき安定化動画を撮影できるGopro Hero7。

ほしいですよね!

ですが、なにせお値段が。。。

でも2018年12月7日〜11日の4日間に渡り開催される「Amazon CyberMonday(サイバーマンデー)」では特価販売されるはずです!

「公式発表もされていのにホントにセールになるの!?」とお思いかもしれません。

でもほぼ間違いなくセールになります!!

GoProはAmazonの大きなセールの常連なのです。

 

この記事では過去に「どのようなGoPro」が「いくらぐらいでセールに登場」したのか振り返ってみましょう。

なおセール情報は「ウォッチリスト」と「アプリ」を使うことで通知されます。
Amazonアプリ

>>>ウォッチリストリストの使い方はコチラ

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

とりあえずアプリのインストールとGoPro Hero7のウォッチリスト追加はやっておきましょう。

>>>「GoPro Hero7 Black」のページ
>>>「GoPro Hero7 Silver」のページ
>>>「GoPro Hero7 White」のページ

2018年のビックセール AMAZONプライムデー

AMAZONプライムデーはAmazonプライム会員向けのタイムセール

サイバーマンデーに並ぶ年に1回のビッグセールです。

2018年は7月16日(月)12:00~7月17日(火)23:59の36時間の開催でした。

このときのGoProのセール品を振り返ります。

GoPro Hero5 Black + 水中ハウジング・ハンドラー3点セット

gopro hero5 SALE
2018年7月の時点での最新機種は「GoPro Hero6 Black」でしたが、セールに登場したのは「GoPro Hero5 Black」でした。
 
 

単体ではなく水中ハウジング・ハンドラー3点セットとして登場。

通常価格:41,559円 → セール価格:32,000円

約33%OFFと非常にお得なセットとなっていました。

この時はリアルタイムで追いかけていたのですが、タイムセール開始から30分もかからず完売(たしか250個?)。

しかし、その後750個が追加されましたが、そちらも3時間あまりで完売となりました。

 

みるみるうちにバカスカ売れていく感じでしたね。

US AMAZONのブラックフライデー&サイバーマンデー

米国AMAZONではサイバーマンデー(11/16〜23)と、その次の週のブラックフライデー(11/24〜12/2)まで連続で実施されます。

そのブラックフライデー&サイバーマンデーでもGoProがセール商品としてランナップされていました。

11月開催なので新モデルのHERO7シリーズがセール対象となっていました。

GoPro HERO7 White

前モデルのHeroのバージョンアップ番であるHERO7 Whiteです。

通常価格:199ドル(23,000円) → セール価格:178ドル(20,000円)

約13%OFFと微妙なディスカウントですが、そもそも日本との価格差がスゴイ!

日本だと3万円超えですもんね。

GoPro HERO7 Silver

HERO5に並ぶグレードのHERO7 Silverもセール対象となっていました。

通常価格:299ドル(34,000円) → セール価格:229ドル(26,000円)

約23%OFF。8,000円ぐらい安くなってるのでかなりお買い得ですね〜。

現在のHERO5より安いぐらいです。

GoPro HERO7 Blackはセール対象外

なお最新・最高機種の「GoPro HERO7 Black」は「セール対象外」でした。

これは過去のセールでも同様で最新の最高機種に関してはセール対象にならないと考えて良いでしょう。

旧モデル「Hero5 Black」「Hero6 Black」にも要注目

2018AMAZONサイバーマンデーではアメリカと同様に「Gopro Hero7 Silver」がセール対象になると考えられます。

でも型落ちのほうがコスパが良いかもしれません。

念のため「Hero7 Silver」と旧モデル対抗品「Hero5 Black」とのスペックのおさらいをしておきましょう。

GoPro Hero7シルバーは超簡素

シルバーはGoProで一番重要と思われる動画撮影が簡素化されています。

ビデオ解像度が2パターン。FPSもそれぞれ2パターン。FOVはワイド固定なのでたった4種類しかありません。

ビデオ
解像度
FPS
(NTSC/PAL)
 FOV
(視野角)
スクリーン
解像度
アスペクト比
4K30/25
24/24
ワイド3840×216016:9
1440p60/50
30/25
ワイド1920×14404:3

一方2世代も古い旧バージョンの「GoPro Hero5 Black」は下記のようになっています。

ビデオ
解像度
FPS
(NTSC/PAL)
 FOV
(視野角)
スクリーン
解像度
アスペクト比
4K30/25ワイド3840×216016:9
24/24SuperView
ワイド
2.7K60/50
48/48
24/24
ワイド
ミディアム
魚眼無効
2704×1520
30/25SuperView
ワイド
ミディアム
魚眼無効
2704×1520
2.7K 4:330/25ワイド2704×20284:3
1440p80/80
60/50
48/48
30/25
24/24
ワイド1920×14404:3
1080p120/120ワイド
ナロー
1920×108016:9
90/90ワイド
80/80SuperView
60/50
48/48
30/25
24/24
SuperView
ワイド
ミディアム
魚眼無効
ナロー
960p120/120
60/50
ワイド1280×9604:3
720p240/240ナロー1280×72016:9
120/120
60/50
SuperView
ワイド
ミディアム
ナロー
100/100SuperView
30/25ワイド
ミディアム
ナロー
WVGA240ワイド848×4805:3

こんなに動画設定が多くても使うのはせいぜい2〜3種類だったりするのですがSuperViewが使えないのは少し痛いですね。

Hero7 Silverはバッテリーが交換不可。
全面液晶モニターも省かれています。

価格差が少なければ1世代前の「GoPro Hero6 Black」のほうが絶対にお得です。

「GoPro Hero5 Black」も比較したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

Silverだとかなり割り引かれないとお得感が少ない感じですね。

Hero5、Hero6もウォッチリストに入れて価格差をチェックしてみてくださいね。

コチラも人気