AMAZONから3,000円もらう裏技

eufy RoboVac 11が格安なのに高性能!ルンバ641とのスペック比較とおすすめポイント

ロボット掃除機と言えば「ルンバ」ですよね。

数十ものセンサーを搭載しロボット掃除機では圧倒的な性能で人気ですね。

でも興味があっても手を出しづらい理由がその「価格」。

ルンバは最低でも4万円。最高級機になると9万円もします。

一方中国メーカー製の安価なロボット掃除機や国産の機種も増えてきました。

 

品質は劣りますが安価な中国製。
品質も価格も高いが性能がルンバより劣る日本製。 という感じでしょうか

  • 性能 ルンバ > 日本製 > 中国製
  • 品質 ルンバ ≒ 日本製 >> 中国製
  • 価格 ルンバ ≒ 日本製 >> 中国製
 

ちょうどバランスのよい機種がない中、モバイルバッテリーで有名な「Anker(アンカー)」が「eufy(ユーフィー)」というロボット掃除機をリリースし高い評価を得ています。

日本製レベルの品質の性能 + 中国製品よりは高めだけどルンバや日本製よりは圧倒的に低価格!

  • 性能 ルンバ > eufy ≒ 日本製 > 中国製
  • 品質 ルンバ ≒ eufy ≒ 日本製 >> 中国製
  • 価格 ルンバ ≒ 日本製 > eufy > 中国製

そんなバランスの良い機種が「eufy RoboVac 11」です。

 
 

eufy RoboVac 11は「ゴミ」も「部屋」も見えない

高価なルンバでも「ゴミをかき集め吸い取る」という基本性能はeufy RoboVac 11と大した差はありません

両機種の最も大きな差は「センサー」です。

 

頭のいいルンバ

ルンバが多数のセンサーを用いてインテリジェンスな掃除をします

センサーで状況を把握し、ゴミを探し出し掃除します。また一度掃除した場所がきれいになっていれば2度と掃除しません

これは

  • 現在位置の正確な把握
  • ゴミが取り切れたかどうかの判断
をセンサーを使って正確に行っているからです。

ゴミが無くなったら掃除を終了し充電ステーションに戻ります。

 

eufy RoboVac 11は力技

eufy RoboVac 11には簡単なセンサーしか搭載されていません。

そのため「現在位置が分からない」「きれいになったことがわからない」のでバッテリーが切れそうになるまでずっと掃除をし続けます

eufy RoboVac 11は効率よく掃除ができない代わりに、大容量のリチウムイオンバッテリーが搭載されておりルンバの1.5倍もの長時間に渡り掃除し続けられるようにしています。

eufy RoboVac 11の特徴
低価格
掃除に時間がかかる
 

eufy RoboVac 11は状況がわからないので愚直に掃除をし続けるのです。結果、掃除時間はルンバの倍以上かかることになります。

これだけを見ると大きな性能差なのですがそもそも短時間で掃除する必要があるのでしょうか?

 

ロボット掃除機は留守中に使う

ロボット掃除機はリビングでゆっくりしている時に使うようなものではありません。

ルンバの横でテレビを見れるほど静粛ではないからです。正直とてもうるさいです。

ロボット掃除機はお出かけ前に電源を入れて留守中に掃除をさせるのが主な使い方でしょう。

そしてそのような使い方であれば掃除時間はさほど重要ではありません

外出から帰ってくれば終わっているのですからね。

 

そう考えるとルンバはとても割高なものになってきます。

ルンバは早いといっても人間が掃除機をつかえば5分で終わることろを数十分かかります。

人間に比べればルンバもとても遅いのです。

eufy RoboVac 11はさらに時間がかかる代わりにセンサーを省き安価で販売しています。

 

ルンバ641の魅力はバーチャルウォール

最も安価なルンバ641にもバーチャルウォールが付属します。これは「仮想的な壁」を作ってルンバの侵入を防ぐ機器です。

ペットを買っているのであればバーチャルウォールがとても便利なのです。

ルンバのバーチャルウォールには円形に侵入防止エリアを設定できる「ヘイローモード」と呼ばれる機能があります。

これはペットの餌や水置き場に置いておくと、外出時にもそのままでルンバを働かせることが出来ます。

この機能が必要であるなら1個付属しているエントリー機のルンバ641のお買い得度はグッと上がります。

 

スポンサーリンク

eufy RoboVac 11とルンバの性能比較

機種eufy RoboVac 11ルンバ641
実売価格23,000円33,000円
バーチャルウォール1個付属
ゴミセンサー
段差センサー
 リモコン付属
連続稼働時間約90分約60分
バッテリー種別リチウムイオンニッケル水素
バッテリー容量2,600mAh3,000mAh
サイズ幅330mm × 高さ78mm幅340mm × 高さ92mm
保証期間18ヶ月12ヶ月

「一人暮らし」や「共働き」ならeufy RoboVac 11

家に日中はだれもいないならeufy RoboVac 11が基本性能は高く機能も十分です。
ルンバではオーバースペックでしょう。

しかも保証が18ヶ月も付くのが嬉しいですね。

ペットが居るご家庭はルンバ641がおすすめ

ペットが居るならバーチャルウォールが使えるルンバ641がおすすめです。

せっかく手軽に掃除がしたいのに使うたびにペットのゴハンを片付けるのは手間ですからね。
高機能なバーチャルウォールが大活躍するのであればルンバも割高ではありません。

 

まとめ

ユーフィー RoboVac 11ですがいかがだったでしょうか?

ルンバに比べれば機能は削られていますが実用性を重視したバランスの良い機種だと思います。

実際はスマートフォン連携とか不要ですもんね。

みなさんも目的にあった「ちょうどいい」ロボット掃除機を見つけてくださいね。

 

こちらも人気