AMAZONから3,000円もらう裏技

【2018年最新 6機種】アイリスオーヤマのスティッククリーナーの違いと選び方

気になった時にササッと掃除できるスティッククリーナー!便利ですよね。

ダイソンを筆頭に高級機種から格安機まで数多くの掃除機が販売されています。

その中でもアイリスオーヤマのスティッククリーナーが凄いんです!

非常に高性能なわりに格安!
日本メーカーらしく故障も少なく大好評です。

ラインナップは安価なものから高級ハイパワー機まで17機種も!
アイリスオーヤマの本気度が伺えますね。

ただ17機種もあると違いもわかりにくく、選ぶもの大変ですよね。

この記事では2018年最新の6機種を解説します。

まずはその中でも1機種しかない100Vコード式のスティッククリーナーをご紹介しましょう。

 

コード式 スティッククリーナー

100Vコンセントを刺して使うコード式のスティッククリーナー。

その一番の特徴はコスパの良さ

価格の割には圧倒的に優れた吸引力です。

コード式の特徴
圧倒的ハイパワー! 充電式では実現できない圧倒的な吸引力です。
安価! 高価なバッテリーが不要なので製品価格を抑えられます。
コードが邪魔! スティック型のメリットが半減しちゃいます。

アイリスオーヤマのコード式スティッククリーナーの最新機種をご紹介します。

 

安すぎ!?3,000円で買えるスティッククリーナー PIC-S2-S

コード式 消費電力 500W 

もともと大手メーカーに比べて非常に安価なアイリスオーヤマですが「格安!」ともいえるスティッククリーナーです。
PIC-S2-Sの特徴

中国メーカーもびっくりするぐらいめちゃくちゃ安いです。

日本メーカー製のちゃんとしたスティッククリーナーがこのお値段で買えちゃいます。

スタンド不要の自立式

PIC-S2-S自立式
スティッククリーナーはさっと使える利便性が売りですよね。でも少し困るのが保管場所。専用スタンドタイプだと移動が大変だったりします。
 

でもPIC-S2-Sは自立式!

 

スタンドいらずでどこにでも片付けられます。

スティック・ハンディー両対応

PIC-S2-S スティック・ハンディー自在タイプ
ハンドル部分はワンタッチで取り外し可能!普段はスティッククリーナーとして床やカーペットのお掃除。
 

ハンドルを外せばハンディークリーナーに早変わり!

 

すきまノズルで、家具のすき間や溝にたまるゴミもキレイにお掃除できます。

紙パック不要

PIC-S2-S サイクロン式なので紙パック不要
PIC-S2-Sは紙パック不要のサイクロン式!ランニングコストを極限まで抑えることができます。
 

パカっとカバーを外してゴミ箱へぽい!手が汚れることもありません。

 

しかもフィルターは水洗いに対応!いつも清潔に保てます。

 
 

充電式 スティッククリーナー

続いてはアイリスオーヤマの充電式スティッククリーナーは全5機種の紹介です。

ただ類似モデルがあるため実質は3シリーズに分類されます。

まずは型番の細かい違いについて解説します。

 

「K」がつくのは量販店モデル

KIC-SLDCP5
IC-SLDCP5

先頭に「Kがつく」、「Kがつかない」の違いは量販店モデルと通常モデルの違いです。
本体や充電器のスペックは全く同一で付属品の違いのみとなります。

KIC-SLDCP5とIC-SLDCP5の違いは付属ゴミパック数

KIC-SLDCP5:ゴミパック81枚付属
IC-SLDCP5:ゴミパック25枚付属

KIC-SLDCP4とIC-SLDCP4の違いは専用スタンドの付属

KIC-SLDCP4:専用スタンドと壁掛けスタンド付属
IC-SLDCP4:壁掛けスタンドのみ

KIC-SLDC4 専用スタンド

専用スタンド

IC-SLDC4 壁掛けスタンド

壁掛けスタンド

 

次は3シリーズの大きな違いについて解説します。

 

紙パック式とサイクロン式

(K)IC-SLDCP5と(K)IC-SLDCP4の計4機種は紙パック式。

KIC-SDC3はサイクロン式です。
アイリスオーヤマ製の充電式スティッククリーナーでサイクロン式を選ぶのであればKIC-SDC3となります。

 

電圧の違い

(K)IC-SLDCP4とKIC-SDC3は「10.8V

(K)IC-SLDCP5が「18V」となります。

基本的には高電圧の方が吸引力が大きくなりますのでハイパワーな18V機を希望ならKIC-SLDCP5またはIC-SLDCP5になります。

>>>KIC-SLDCP5とIC-SLDCP5の違いの解説に戻る

 

パワーヘッド搭載か否か

ヘッド部分にモーター回転式のブラシが搭載されたパワーヘッド。細かいゴミ吸引を大幅に効率化します。
またフロアへの張り付きを防ぐため軽い操作感を実現します。

パワーヘッドはKIC-SLDCP5またはIC-SLDCP5にのみ搭載されます。

>>>KIC-SLDCP5とIC-SLDCP5の違いの解説に戻る

なお10.8Vの紙パック式となると(K)IC-SLDCP4から選ぶことになります。

>>>KIC-SLDCP4とIC-SLDCP4の違いの解説に戻る

充電式スティック・ハンディークリーナー比較表

KIC-SLDCP5
IC-SLDCP5
KIC-SLDC4
IC-SLDC4
KIC-SDC3
定格電圧DC18VDC10.8V
集じん方法紙パック式サイクロン式
パワーヘッド搭載非搭載
 

【用途別】おすすめアイシスオーヤマ製スティッククリーナー

お試しならPIC-S2で決まり!自動車用にも

激安です。とりあえず1台買っても損なし!
不満がなければ買い足して一部屋1台設置できるお値段ですね。

100Vコード式なので小型ながらハイパワーなので自動車の掃除にも最適

 

【IC-SLDCP5】ダイソン並の吸引力を3分の1のお値段で

18Vのハイパワーモーターとパワーヘッドで格安スティッククリーナーとは思えない驚異の吸引力。

さすがに最新のダイソンにはかないませんが1世代前の性能が1/3のお値段で買えちゃいます。

メインの掃除機として使える完成度の高いスティッククリーナーです。

 

フローリング専用ならIC-SLDC4

絨毯などを掃除しないならパワーヘッドがないほうが吸引力は強いのです。

構造的に吸引力が強いので10.8Vの電圧でも十分すぎる吸引力を実現します。

低電圧でシンプルな機構なのでパワーヘッド付きモデルの半額以下で購入できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

アイシスオーヤマの最新スティッククリーナーはいかがだったでしょうか?

大手メーカに比べて格安!ですが性能や耐久性は折り紙付きの日本製で安心ですよね。

ぜひ目的にあったベストなスティッククリーナーを見つけてくださいね。
掃除機選びの一助になれたなら幸いです。

こちらも人気