AMAZONから3,000円もらう裏技

ナイロンコードでの草刈りはカッター選びが最重要!選び方とおすすめ機種を解説


安全性が高く、キレイに刈れると人気の「ナイロンコード」。

その安全性から公園などの草刈りを請け負うプロもチップソーからナイロンコードにほとんど切り替えています。

ナイロンコードでの草刈りは業者だけでなく一般家庭でもメリットも多いものです。

この記事では

  • これからナイロンコードで草刈りをやりたい
  • コードやカッターも色々あるけど、どうちがうの?
  • 違いや選び方を知りたい
という方に、ナイロンコード、ナイロンコードカッターの選び方を解説します。
 

ナイロンコードとカッターの種類と選び方

ナイロンコードを使った草刈りには刃に相当するナイロンコードとコードを取り付けるヘッド部分であるナイロンコードカッターが必要です。
 
MEMO
草刈機の先端形状はJIS規格により決められており互換性があります。ナイロンカッターはメーカーを問わず取り付けることができます。
 

ナイロンコードは消耗品ですがカッターは繰り返し使用できます。またナイロンコードは汎用性があり専用品以外のも選択できます。

ここではナイロンコードやカッターの種類や違い、特徴について解説します。

 

ナイロンコードは2種類

ナイロンコードは断面形状から大きく分けて「丸型」と「四角型」の2種類に分類されます。

四角型(■)の特徴
エッジが立っているので切れ味が良い
風切り音が大きくうるさい
丸型(●)の特徴
曲げ方向にクセがなくリール式でも噛み込みにくい
角型より切れ味が劣る

一部製品には両者の間となる「スパイラルタイプ」などもありますがコスト面から主流はこの2種類です。

 

ナイロンコードカッターの違い

ナイロンコードを取り付ける先端パーツであるナイロンコードカッター。

固定部分を持つ専用のナイロンコードを使う「差し込み型」とナイロンコード巻き付ける「リール型」に別れます。

差込形の特徴
差込形ナイロンコードカッター
シンプルなので頑丈。故障しない。
セッティングが簡単
軽量なので小型の草刈機にも対応する
ランニングコストが高い
交換に手間がかかる
リール型の特徴
リール型ナイロンコードカッター
手巻きだし・半自動・全自動など複数のタイプから選べる
ランニングコストが安い
長時間の連続作業が出来る
自動機構付きは故障が多い
 

なお一部には「リール式」「差し込み式」のどちらでも使えるナイロンカッターもあります。

 

またリール型にはナイロンコードが巻き出し方法で3種類に分類されます。

  • 手動型:エンジンを止めて手動で巻き出す
  • 半自動型:リール底面がスイッチになっており地面に当ててリールを伸ばす
  • 自動型:長さに合わせ自動で巻きだす

手動型<半自動型<自動型の順に便利ではありますが、構造が複雑で故障が多くなるのも事実です。

選択の際は価格だけで選ばず信頼性の高い商品を選択してください。

 

ナイロンコードカッターおすすめ機種

ナイロンコードと組み合わせるオススメのナイロンコードカッターです。

ナイロンコードカッターの手動、半自動、全自動のおすすめ3種類をご紹介します。

 

【信頼性重視】手動型のおすすめカッター

手動型 リールタイプ

非常にシンプルな「手巻き出しリール型」のナイロンコードカッターです。ハードに使うプロが好んで使うのはこの手動巻き出しリールです。

単純な仕組みながらよく考えられた形状でナイロンコードも長持ちします。

おすすめポイント
全面金属ボティーで高い耐久性
底面がフラットで地面に沿わせる草刈りもスムーズ
コード出し口が奥に設計されコードに過負荷がかかりにくい
低価格!
 

【セミオート】半自動型のおすすめカッター

半自動型 リールタイプ

リール底部がボタンになっており、地面を叩くとコードが出るオート機構を搭載しています。他製品にありがちな「コードが出ない」「勝手に出てくる」という不具合もなく高い評価を得ています。

おすすめポイント
コードの出代を任意に調整できるので小型エンジン機でも使える
大型エンジン機なら出代を大きくして高速草刈りト
ボタン部中央は金属製で摩耗に強い
 

【ラクラク】全自動型のおすすめカッター

全自動型 リールタイプ

厚みのあるボディは2段に分かれており最長5mものナイロンコードを巻き付け可能。自動巻きだしで途切れること無く長時間の作業をこなせます。

おすすめポイント
全自動なのに低価格!
5mのロング巻取り
満足度の高い自動巻き出し量
底面は円錐状で傷みにくく中央は金属製で摩耗に強い
 

おすすめナイロンコード

ナイロンコードにも沢山の種類がありますが圧倒的にオススメなのが藤原産業「チタニウムナイロンコード」シリーズです。

低価格ながら耐久性が高く、また複数のコード太さから選べるため小排気量の草刈機からハイパワー草刈機まで幅広く対応しています。

排気量別の推奨コード太さ
23〜26cc2.2mm
26〜30cc2.4mm
30〜40cc2.6mm
30cc〜3.0mm

また使用頻度に応じて15m巻・50m巻・245m(2.2mm角)のドラム巻きまでランナップしています。

 

スポンサーリンク

飛散防止

ナイロンコードでの草刈りはチップソーより草や小石の飛散が多くなります。草刈りには十分装備を揃えてから挑みましょう。

 

フェイスマスク

眼球の保護は必須ですが防護メガネでは目以外は防げません。

メッシュになったフェイスマスクは視界を塞がないのでとても快適で、しかも顔全体を保護してくれます。

価格も安いの一つは持っておきたいアイテムです。

 

草刈りエプロン

ナイロンコードではチップソーのように金属片が飛散するようなことはありません。小石や枝、草の破片程度ですので大げさな作業エプロンは不要です。

それでも何もないと小石が飛んできて痛い思いをしますので簡易な草刈り用エプロンを使用してください。

 

長靴

エプロンでも足元に飛んでくる石礫は防げません。長靴でしっかりガードしましょう。

なお長靴を選ぶポイントは「おしゃれな長靴は避ける」ということです。

下記のような色のパターンやラインの入ったものはゴムをつなぎ合わせているので耐久性が劣ります。
ハードに使うと継ぎ目から水が染み込んでくるようになります。

 

長靴はシンプルな一体成形品を選ぶのが鉄則です。

キタのこのゴム長靴は歴史も長く品質も安定しておりおすすめです。

 

まとめ

ナイロンコードカッターとコードですがいかがだったでしょうか?

手動式を選べばさほどハズレ商品はありません。
でも半自動、全自動は地雷の宝庫ですので気をつけて選んでくださいね。

 

こちらの記事も人気