AMAZONギフト券を1,000円引きで買う裏技

PayPayはいつまで?「第2弾 100億あげちゃう」キャンペーンは早期終了かも?!

【2/4追記】
PayPayから「第2弾 100億あげちゃう」キャンペーンの発表がありました!

>>>【還元率アップの裏技】第2弾 100億あげちゃうキャンペーン

2019/2/12日〜5月31日までとなってますが、前回はわずか10日程度で100億円達成で終了となってしましました。

今回は1回の上限金額が1,000円と少額なので前回よりは長く続くと思いますが油断は禁物です!

これからは旧キャンペーンの情報です。


【12/13追記】
本日「100億円あげちゃうキャンペーン」が終了しました。わずか10日間のお祭りでしたね。

どうやら次のキャンペーンも控えてるみたいなので今回乗り遅れた人も情報はチェックしておきましょう!

なお同じ電子マネーである「LINE Pay」も20%還元キャンペーンを実施しています!!
payトクバナー

こちらもアツいキャンペーンなので見逃さないようにしてくださいね!

>>>詳しくはコチラ

 

↓↓↓ココから旧情報↓↓↓


PayPayキャンペーンの人気がすごいですね!!

絶対に 「20%キャッシュバック」 & 「たまに全額10万円まで全額返金」 という凄まじくお得なキャンペーンなんで当たり前なんですけどね。

このキャンペーンは「2019年3月31日(日)23:59」までとなっているのですが「PayPay負担する金額が100億円に達した時点で終了」するとされています。

100億円ってスゴイ額ですが。。。3月31日まではとても持ちそうにないのです。

付与金額100億円 = 売上500億円 ではありません

「20%キャッシュバックで100億円」だから「売上500億円分」のキャンペーンかな?

と思いますよね。

でもこのキャンペーンには抽選で「100%返金(上限10万円)」という通称PayPayガチャと呼ばれているキャンペーンもあります。

他にも

・アプリをインストールするだけで+500円
・5000円のチャージで+1,000円
・ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら更に+500円

という大盤振る舞いなキャンペーンです。

そのため売上500億円より少ない金額で100億円に達します。

予想では10億円程度が「20%還元以外」で使われる可能性があります。

これだと売上で450億円程度で上限に達することになります。

450億円ってどれぐらい持つの?

今回のキャンペーンですが、現時点でいくらぐらいまで到達しているのでしょうか。

気になりますよね?

でもPayPayは途中で金額を発表しないとのことです。

また早めに終わりそうなときでも終了予告はしないと明言しています。

そのため売上などは予想するしかありません

大手家電量販店の売上から予測する

「100億円あげちゃう」キャンペーンで最も大きな売上があると思われるのが家電量販店です。

日本の家電量販店TOP10のうち、1位のヤマダ電機をはじめ7社でPayPay決済が使えます。

ヤマダ電機 16,127億円
ビックカメラ 7,953億円
エディオン 6,920億円
ノジマ 4,548億円
上新電機 3,757億円
コジマ 2,261億円
ベスト電器 1,705億円

家電量販店業界 売上高ランキング一覧-業界動向サーチ

この7社の年間売上は合計 約4兆3000億円。

1ヶ月平均で3,600億円ほどのとなります。

このうち10%がPayPayでの決済とすると12月だけで360億円を使ってしまうことになります。

これがとても「3月末まキャンペーンが持続しない」と思われる根拠です。

穴だらけの予想ですが「たった10%」でコレです。

2週間ほどで使い切っても何ら不思議ではありません。

悩んでるならすぐ買うべし!

簡単に言えば「いつ終わってもおかしくない」ということです。

混乱をさけるため、数日前には終了のアナウンスが入ると思われますがさほど猶予はないはずです。

欲しいものがあるなら即断即決でGetするほうが良いでしょう。