AMAZONから3,000円もらう裏技

【無水鍋とは何か】圧力鍋との比較で見えてくる無水鍋の特徴と選び方

バーミキュラ オーブンポット
無水鍋とは「圧力の上げられない圧力鍋」です。

「無水鍋 = 低圧圧力鍋」ということですね。

 
 

この記事では

  • 無水鍋が欲しい!
  • でもこれ圧力鍋と何処が違うの?
  • あえて無水鍋を選ぶ理由は?
など「無水鍋」と「圧力鍋」を比較し、選び方を解説します。
 
 
 

「無水鍋」と「圧力鍋」の違いは材質と圧力限界

栄養価が高く「野菜の味が濃い」煮物料理ができると評判の「無水鍋」。

水を入れなくても調理できる秘密は「食材に含まれる水分」です。食材から出る水分を逃さないように密閉し、その水を使って調理を行います。

 

一方「圧力鍋」は高圧で調理することにより短時間で調理できるのが自慢です。

これは鍋を密閉することによリ水蒸気を閉じ込め圧力を高めます。圧力が高くなれば、より高温で調理できるため、食材に火が通りやすく、短時間で調理できるのです。

 

さて、どちらにも「密閉」というキーワードが出てきました。

そうなのです基本的に「無水鍋」と「圧力鍋」は同じものなのです。

 

「無水鍋」と「圧力鍋」の構造

無水鍋の仕組み
こちらが無水鍋の断面構造です。高価な無水鍋も安価な無水鍋も基本的な構造は一緒です。
 

食材を火にかけると発生する水蒸気。その水蒸気が鍋とフタの間に溜まることにより密閉。

 

水分が逃げないので食材の水分だけで調理ができるということです。

 

圧力鍋の仕組み

圧力鍋はゴムパッキンを使って鍋とフタを完全密閉します。鍋を火に掛けると水蒸気が発生し鍋の中の圧力はドンドン高まります
 

あまりに高圧になると危険なので自動で圧力を逃します。この時に水蒸気も一緒に抜けてしまいます。

 

逆に言えば「圧力が高まりすぎない程度の火力」で加熱すれば、水蒸気は逃げません

無水鍋と圧力鍋の違い
密閉方法
無水鍋:水の膜
圧力鍋:ゴムパッキン
 

圧力のコントロール
無水鍋:フタの重みで
圧力鍋:圧力弁で

 

「無水鍋」は低圧圧力鍋

無水鍋も内部の圧力は普通の鍋よりも高くなります。ただフタの重みと水の膜で密閉しているだけなので少し圧力が上がっただけで圧力が抜けてしまいます

こんな事ないですか?
お鍋でお湯を沸かすと「フタがカタカタ動く」
あれはお湯から出た水蒸気の圧力でフタが持ち上がるのが原因です。
圧力が上がる

フタが持ち上がる

圧力が抜ける

フタが下りる

圧力が上がる

フタが持ち上がる

というのを繰り返してカタカタ鳴るんですね。

極端に言えば無水鍋はカタカタなりにくいように「重い蓋」を使っているだけの製品です。

圧力鍋のように大きな圧力には耐えられません。

 

「無水料理」に特化した特徴

水を使わないことを「無水料理」を前提にした「無水鍋」には普通の鍋や圧力鍋にはない特徴があります。

 

アルミ製

アルミ鍋
無水鍋は水を使わないので基本的に食材に火が通りにくいのです。また低温で調理するのも原因です。
 

少しでも火の通りを良くするため材質に「アルミ」を採用する傾向があります。

 

一般的に鍋で使われる材質の熱伝導率は下記のようになります。

熱伝導率(単位: W・m-1・K-1)
:398
アルミ:236
:84
ステンレス:16.7〜20.9

銅が最も熱伝導率が高いのですが価格が高く扱いも難しいため「安価で錆びにくいアルミ」が使用されています。

アルミは一般的に焦げ付きやすく「鍋には向かない材質」と言われています。しかし低温調理を行う無水鍋には最適な材質なのです。

 

蓋が重い

無水鍋のフタ
フタの重みで圧力を調整しますので非常に重厚なフタを使うことになります。
 

逆に言えば軽すぎるフタは水を閉じ込められないため、無水調理の性能は低いと言えます。

 

無水鍋を選ぶ理由

圧力鍋で無水料理はできてしまいます。そのうえで「無水鍋」を選択する理由は「手軽さ」でしょう。

圧力鍋
圧力鍋は機械的にフタを固定するため機構が複雑です。また圧力調整弁や安全のため部品点数も多くなります。

無水鍋は鍋とフタで構成されたシンプルな鍋ですので普通の鍋のように手入れができます。

 

スポンサーリンク

圧力鍋を無水鍋として使う

圧力鍋を無水鍋として使う時の注意点は焦げ付きです。オールステンレスの圧力鍋は焦げ付きやすいため特に調理始めの火力調整が重要です。

ゆっくり、じっくり加熱・加圧すれば無水鍋と同じように調理できます。

 
圧力鍋の内釜コーティング
また、圧力鍋の内側にフッ素コーティングを施し非常に焦げ付きをへらした商品もあります。
 

圧力鍋+コーティングの製品は殆ど無いですがとても便利なので検討してみてください。

 

まとめ

無水鍋についてご理解いただけたでしょうか?

圧力鍋で代用できるとは言え特性がわかれば手軽な製品です。

うまく使い分けて手早く美味しい料理を作ってくださいね。

 

こちらも人気