AMAZONから3,000円もらう裏技

【車検場 持ち込みテスト】fclのLEDヘッドライトバルブは余裕で車検をクリアする爆光バルブでした

高級車以外にも普及しはじめたLEDヘッドライト。

明るさはもちろんですが「立ち上がりのキレの良さ」は特筆モノです。

ライトを付けてスパッと最大光量になるのがこれほど気持ちのいいものとは思いませんでした。

今回は「みんカラ(カーパーツレビューSNS)」でも大人気の「fcl LEDヘッドライト」を民間車検場に持ち込んで検査してもらいました。

fcl led ヘッドライト

特にカットラインについては厳しくチェックしました。

たまにいる「対向車に迷惑な車」にはなりたくないですからね。

結論から言えば「とてもいいモノ」でしたよ♪

 

なお「公式サイト」で買うと「返金保証」が受けられるので安心です。

早速車検場にてテスト

取り付けなんかは「めちゃくちゃ簡単」なので肝心の「光軸・配光・カットライン」の報告からやっていきましょう。

いつもお世話になっている民間車検場にお願いしてヘッドライトのチェックをしてもらいました。

こんな専用の機械で測定するらしいです。
光軸チェッカー

古い機械ですが民間車検場ですから「測定器の校正検査」も当然パスしていますし、最新型とやれることは基本的に変わらないらしいです。

さすがのハロゲン

まずはノーマルバルブであるハロゲンから見てみましょう。

ヘッドライトを測定器に照射すると配向や光量が測定できます。
ハロゲンの光軸チェック

まぁさすがっすね。

バッチリとカットラインもキレイに出ていますし、エルボーポイントもピンポイントで出ています。

これで大丈夫なの?fclのLEDヘッドライト

次はお待ちかねのfcl LEDヘッドライトの結果です。
fcl LEDヘッドライトの車検結果

え?

これ大丈夫なん!?

というのが初見の感想です。

 

なんか右上は明らかに光漏れてないですか??
LEDヘッドライトの光漏れ

 

車検場のスタッフに恐る恐るきいてみると。。。

全然大丈夫っすよ(ニカッ

とのこと。

そうなの?

明るすぎて光が漏れるらしい

この測定器は「入射する光量」を絞れないらしいのです。そのへんが最新型と違うところらしいんですけどね。

LEDヘッドライトはハロゲンより明るい

測定器に想定以上の光が入る

配向チェック画面が全体的に明るくなる

ということらしいです。

たしかに右側(LED)はめっちゃ明るいですね。
配光比較

 

配光とかカットラインはどうですか?と聞いたら「全然問題ないレベル」。

仕事柄、たくさんの社外LEDヘッドライトバルブ装着車をチェックするらしいのですが、むしろ「社外品のLEDバルブにしてはとてもキレイに出ている」とのこと。

ちなみに中国製のクソ品質LEDヘッドライトだとこうなるらしいですwww
中華製LEDヘッドライトバルブ

このスタッフさんはLEDヘッドライトが出始めの頃にこんなのを付けてめちゃくちゃ煽られたことがあるらしいです。

前の車に追いつく

前の車がスローダウン

追い抜く

ハイビームでめっちゃ煽られる

対向なら眩しいのは少しの時間ですが、後ろに着かれるとずっと眩しいですもんね。

怖いのですぐ外したらしいですw

明るさも配光も大満足!fclはオススメできます

ハロゲンとの比較写真を撮っておけばよかったんですけどね。

すみません。

撮り忘れましたw

HIDと比べれば光量自体は劣ると言われるLEDですが、ハロゲンからの移行組だとめちゃくちゃ明るいです。

 

この車は奥さんが主に乗るのですが夜道がとても走りやすくなったと大喜びしてくれています。

もう「前のヘッドライトは怖い。戻りたくない」と言ってるぐらいです。

 

一番心配していたカットラインですが壁に映し出してみました。

カットラインはきれいに出ているようでこれらなホントに眩しくなさそう。

 

外からヘッドライトを見ても迷惑な感じはしませんし、まだ数日走っただけですが対向車にパッシングされるようなこともありませんでした。

これなら安心して使えます。

奥さんがヤンチャな車に煽られたら怖いですもんね。

fclは全額返金保証があるので買いやすい

このように配光については安心できるfclのLEDヘッドライトですが品質以外にもメリットがあります。

それが「全額返金保証」じゃないかと思います。

 

LEDヘッドライトバルブはデカイ

LEDヘッドライトバルブはハロゲンバルブと比べればメチャクチャ大きいんです。

写真を見れば一目瞭然。コントローラー別体式なのにこのサイズです。
ハロゲンとLEDバルブのサイズ比較

後ろの放熱フィン部分には十分なスペースも必要ですし、配線の曲げR分も余裕を見なければなりません。

LEDヘッドライトは「どんな車種にも取り付けられる」というものではないんです。

安心の適合表

fclのLEDヘッドライトバルブには適合表が準備されています。

このへんは大手国内メーカーの安心感ですよね。
LEDヘッドライト適合表

これに適合していればまず安心!

でもこのリストにない車種だったら?

そんな時に安心なのが「全額返金保証」です。

fclにもメリットのある返金保証

他の商品でも返金保証はよくあるのですが「返金してもらえなかった」「手続きが煩雑過ぎて諦めた」などトラブルもよく聞きますよね。

特にダイエット系の商品で多いような気がします。

fclもホントに返金してもらえるの!?って心配になるかもしれません。

でもこのキャンペーンはfclにとってもメリットがあるんです。

全車種での適合チェックなんて無理

理想で言えばすべての車種で適合チェックができれば良いんですが現行でも100車種以上。グレードや年式を含めれば無数にある車両の適合をチェックするなんて現実には無理ですよね?

言い方は悪いですがお客さんの車を使って適合のチェックができる返金キャンペーンはfclにとってもメリットがあるんじゃないかなと思います。

ということで私達ユーザーはどんどん試してfclさんに情報を提供してあげれば良いんじゃないかな。

こんな感じでLEDヘッドライトバルブとして手放しでオススメできるfclのレビューでした。

みなさんも是非fclを検討してみてくださいね!

関連記事