初回限定!Amazonで21%割引を叩き出す裏技!

【TP-LINK CPE510】格安の屋外・長距離用WiFiがめちゃくちゃ(・∀・)イイ!!

離れた建物にインターネット環境を作りたい!

ということで最長2.5kmも届く「TP-LINK CPE510」を購入しました。

40mで50Mbps以上が安定して出ています!

これめっちゃ良いですよ!しかも激安です!!

>>>【参考】Amazonで「CPE510」を最大1,000円引き引きで買う裏技

環境と目的。結局は固定費削減。

・「離れ」にネット環境を整えたい。
・地デジも見れるようにしたい(LAN経由の地デジの記事はこちら)

光回線を新規契約するなら年間6万円ぐらいはかかってしまう。さらに地デジを見るには「ひかりTV」などへの契約も必要な環境なので合計年間8万円にもなる!

このコストを抑えるのが最終目標です。

「母屋」と「離れ」は直線距離で約40m先。

間に建物はないが植木が生い茂っている。

さほど厳しい条件ではないと思うのだが??

家庭用無線LANルーターで試してみた

「母屋」のLAN環境はTP-LINKの「DECO M5」でメッシュWiFiを構築しています。

>>>メッシュWiFIの詳しい説明はこちら

>>>【参考】Amazonで「deco m5」を最大1,000円引き引きで買う裏技

離れでこのWiFiの電波を拾えればそれで解決なのですが。。。やはり全然ダメ

離れの家の中でスマホのWiFiを確認してもSSIDすら表示されていませんでした。

母屋の外にアクセスポイントを出せば届くのでは?ということでメッシュWiFiを構築しているDECO M5の1台を窓の外に引っ張り出してテスト。

結果、電波は届くようになって10Mbps程度で通信OK!

でも母屋ではいつも100Mbpsオーバーなのでかなり低速。

とくに「地デジを離れに届ける」にはこのままでは厳しい

しかもDeco M5は屋内用なのでそのままでは使用できない。

屋外用指向性アンテナ TP-LINK CPE510を試す

屋外用、長距離用のWiFiはあまり販売されておらず基本的には業務用。

ということでとても高い!

最安値のバッファロー製でもフルセットで6〜10万円ぐらいしていました。
>>>一般家庭でも買えるバッファローの長距離用WiFi

ところがTP-LINKから発売されている屋外用指向性アクセスポイント「CPE510」なら1台1.5万円程で購入できます!

>>>【参考】Amazonで「CPE510」を最大1,000円引き引きで買う裏技

送信、受信のセット買っても3万円でお釣りが来ます!これはすごい!!

PoEなので電源不要!LANケーブルだけで動作する。

CPE510はPoE(Power over Ethernet)で動作するのでLANケーブルから給電できる。しかもPoEユニットもセットになっているので追加投資は不要!

PoEのおかげで隙間LANケーブルなどで外に出すだけで屋外用WiFiが設置できる。

>>>【参考】Amazonで「LD-VAPF/SV05」を最大1,000円引き引きで買う裏技

ちょっと特殊なモードたち

CPE510には6つの動作モードがある。

CPE510の動作モード

1. Access Point
2. Client
3. Repeater (Range Extender)
4. Bridge
5. AP Router
6. AP Client Router (WISP Client)

今回は同じサブネットでそのまま延長するイメージなので1台をアクセスポイント。もう1台をクライアントとして設定することになる。

ちなみに他の動作モードをざっと説明すると。。。

リピーター

3台以上で使うモード。SSIDが変わらないのがリピーター。

introduction_to_operation_modes_cpe_and_wbs_

ブリッジ

3台以上で使うモード。サブネットはそのまま。SSIDが変わるのがリピーター。

introduction_to_operation_modes_cpe_and_wbs_

APルーター

1台で使うモード。バッファーローなどで言う「AP(アクセスポイント)モード」。1台で使えるけど長距離用WiFiとしてはあまり意味のない構成。

AP Client Router (WISP Client)

1台で使うモード。

WISPというのは無線(Wireless)インターネットサービスプロバイダ(ISP)。

たぶんWiMAXとかになると思うけど普通は専用ルーターを使うのでこのモードの使い道がわからない。たぶん普通は使わないモード。

スポンサーリンク

設定画面はすべて英語

注意しなければいけないのは「設定画面は英語のみ」ということ。

ただ細かい設定はしなくてもなんとかなる。

この公式動画通りにやれば大丈夫。

【1台目】本体の設定画面にアクセス

本体のIPアドレスは192.168.0.254に設定されている。

自分のLAN環境が192.168.0.xxxで254が空いているのであればCPE510をネットワークに繋げるだけでブラウザから管理画面にアクセスできる。

254が埋まっているorサブネットが違うならすこし手間がかかる。

・LANケーブルでPCとCPE510を直接接続
・PCのIPアドレスを192.168.0.10に設定
・サブネットマスクを255.255.255.0に設定

これでブラウザから192.168.0.254にアクセスすれば管理画面にたどり着ける。

【1台目】Access Pointに設定

QUICK SETUPタブで「Access Point」への設定を行う

【1台目】IPアドレスを変更する

CPE510本体のIPアドレスを環境に合わせて変更する。

192.168.0.xxxの場合でも254からは変更しておく。というのも2台目もデフォルトは192.168.0.254なのでそのままだとかぶってしまうから。

今回は192.168.0.251にした。

もちろんこれは母屋のLANが192.168.0.xxxだったから。

もし192.168.1.xxxなどであれば192.168.1.251などと設定する。

【1台目】SSIDを設定する

そのままでも良い。セキュリティー的に変更しておいたほうが良いという程度。

このSSIDは非公開ネットワークになるので通常は見えない。

なおセキュリティーだけは「None」から「WPA-PSK/WPA2-PSK」に変更してパスワードを設定しておきましょう。

【2台目】Clientに設定

2台目もIPアドレスを変更。今回は192.168.0.252とした。

QUICK SETUPタブで「Client」として設定する。

【2台目】SSIDを選択する

1台目で作成したSSIDを指定する。当然1台目は電源を入れておく必要がある。

これで設定完了。

窓越しで十分な速度

速度が出なかったら屋外に出すつもりでまず窓越し同士でテスト。

結果的には母屋側、離れ側ともに窓越しで十分な速度が出た。

窓を開けていれば100Mbps近く。窓を締めていても安定して50Mbpsは出ている。

次回はもう一つの目的である「地デジをのDLNAによる送信」にチャレンジしてみます。

>>>【固定費ゼロ】できました!長距離WiFi経由の地デジ視聴環境