AMAZONから3,000円もらう裏技

【H11タイプ】LEDヘッドライト・フォグランプおすすめ売れ筋Top8

省エネ・高輝度のLEDヘッドライトやファグランプが高級車などで普及してきましたね。また美しいLED光源を手軽に楽しめる交換用バルブも普及しきました。

H11タイプのバルブはフォグランプを中心に、4灯式ヘッドライトにも使用されているソケット形状です。2000年に開発された比較的新しいソケット形状でH8、H9、H11、H16と互換性があります。ただソケットに互換性はあっても定格消費電力とサイズに違いがありますので注意が必要です。

>>>車種ごとのソケット形状はこちらで確認できます

>>>H4ヘッドライトのLED化ならこちら
>>>ウェッジ球のLED化ならこちら

 

H8、H9、H11、H16の互換性と違い

H8、H9、H11、H16のソケット形状は同一ですが、「定格消費電力」が異なります。またH16は本体サイズも異なります。

H16は定格消費電力が他の規格と比べ低いため交換には注意が必要です。例えばH16にヘッドライトで使えるような35WのLEDバルブを付けると「ヒューズが切れる」「ランプシェードが溶ける」などの不具合が出る可能性がありますので注意して下さい。

H11はフォグ、ヘッドライト兼用。その他はほぼフォグランプだけに採用されています。

H8H9H11H16
電圧12V12V12V12V
消費電力35W65W55W19W
全長(cm)6.56.56.56.5
バルブ径(cm)1.171.171.171.50
主用途フォグ フォグ フォグ
ヘッドライト
  フォグ
 

【大人気】GreenClick製 LEDフォグランプ

LED発光素子の製造はほとんどは中国で、日本メーカーのLEDバルブでも発光素子自体は中国製です。

GreenClickはLED製品を多数扱う中国メーカーで、一般家庭用LED製品から自動車のLEDヘッドライト・フォグランプを製造・販売し高い評価を得ています。

GreenClick製のLEDバルブでH11タイプだけでも3タイプもラインナップされています。ここではその3種について違いと特徴を解説します。

 

GreenClick製LEDランプの違い

対応ソケット形状はH8/H11/H16とありますがH9でも使用できるはずです。ただ規格値より全長✕バルブ径が2〜4mm程度と僅かですがオーバーしているものもあります。

フォグやヘッドライトはギリギリのサイズでは作られていないので大丈夫な場合がほとんどですが、気になる場合は事前に車両を確認しておくと良いでしょう。

1000LM SMDの消費電力はカタログには載っていませんでしたが素子タイプと全光束から20W以下と思われます。

1200LM COB960LM SMD1000LM SMD
対応ソケットH8/H11/H16H8/H11/H16H8/H11/H16
消費電力20W10W非公開
(10〜20W?)
全光束1200LM960LM1000LM
素子タイプCOBSMDSMD
動作電圧12/24V兼用12V12/24V兼用
防水レベルIP44IP44IP67
サイズ(cm)
全長✕バルブ径
6.9✕1.26.1✕1.96.27✕1.4
 

素子タイプ COBとSMDの違い

COBとSMDはLEDの発光素子(LEDチップ)の取付方法です。自動車用ヘッドライトとしてのメリット・デメリットは下記となります。

SMD

小さなLEDチップを複数個並べて必要な明るさを実現します。

【メリット】
チップ自体が安価なため製品も安価な傾向です。
【デメリット】
SMDチップは1個当たりの明るさが低いためたくさん実装する必要があります。そのため振動の多い自動車用ライトとしてはCOBより耐久性に劣る傾向があります。

COB

大きく明るいLEDチップで必要な明るさを実現します。LEDチップは放熱板の上に直接乗る形となります。

【メリット】
放熱性が高いため同じ温度内であればSMDより高輝度なバルブを作ることが出来る。
【デメリット】
SMDに比べLEDチップ自体が高価になりまたバルブの製造コストも高額になります。

 

GreenClick 1200LM COB

GreenClickのCOBタイプ素子を用いたLEDバルブです。H16でも使用できる20Wの消費電力で1200LMの高い全光束を実現します。

 

GreenClick 960LM SMD

非常にコンパクトなGreenClickのSMDタイプのLEDフォグランプです。わずか10Wと消費電力が非常に低く、バッテリーやオルタネーターへの負荷低減で燃費改善の効果も期待できます。

 

GreenClick 1000LM SMD

IP67という非常に高い防塵・防水性を誇るGreenClickのフォグランプです。オフロードモデルなどのヘビーユースや高圧洗浄機も安心して使えます。

 

H11タイプのマルチカラーLEDフォグランプ

LEDフォグランプには発光素子を複数搭載し、ホワイト以外の色を発色できるマルチカラータイプのLEDフォグランプも販売されています。


一般的にはフォグランプのON・OFFを繰り返すことにより色を変化させることができます。
 

ホワイト・アイスブルー 2色切り替えLEDフォグランプ

6ヶ月保証


ホワイト&アイスブルー 2色発光COB素子用いて30W1400LMを実現しています。
注意
・H16対応とありますが消費電力が19Wを大きく超えていますので使用すると不具合が発生する可能性があります。

・全長が71mmと規格より6mm程度大きくなります。取り付け位置に十分なスペースがあることを確認して下さい。

>>>ソケット規格の違いはこちら

 

クイーン ホワイト/イエロー2色切り替えLEDヘッドライト

100日保証

COD素子を用いたホワイト/イエロー2色切り替えLEDバルブです。1灯3500LM 35WなのでH16には非対応となっています。放熱性を重視した大型ボディですので取付け位置の形状には十分注意が必要です。
注意
・全長が71mmと規格より6mm程度大きくなります。取り付け位置に十分なスペースがあることを確認して下さい。

>>>ソケット規格の違いはこちら

スポンサーリンク

大手メーカー製の高品質H11LEDフォグランプ

マイナーな中国メーカー製のLEDバルブは非常に安価です。ただ耐久性が低かったり、保証期間中であっても会社自体がなくなったり、日本に代理店がないため保証を受けるために中国メーカーと交渉する必要があります。

大手のLEDバルブメーカーであれば非常に品質も高く、また万が一の不具合時も日本に代理店がるので安心です。価格は高くなりますが長く使うつもりであれば大手メーカー製も選択肢の一つでしょう。

PHILIPS X-treme Ultinon

3年保証
12V 10Wの超低消費電力でH8/H11/H16に対応したPHILIPSのLEDフォグライトです。LEDバルブとしては破格の3年長期保証が標準で付帯します。

3カラー
シリーズは2700K(黄色)、6000K(白)、6500K(青みがかった白)の3色展開

 

IPF LEDフォグランプ イエロー

3年保証
国内自動車部品メーカーでもヘッドライト関連ではトップクラスのIPF。12V 12W H8/H11/H16に対応したIPF製のLEDフォグライトです。フィリップスと同様に3年長期保証が標準で付帯しますが少し安価な傾向です。

3カラー
2400K(黄色)、5000K(白)、6500K(青みがかった白)の3色展開

 

ヘッドライトにも使えるH11タイプのLEDヘッドライトバルブ

H8、H9、H11、H16はソケットと形状は同一です。

例えばH16バルブはH11にも取り付けられますが、H16バルブは19Wまでと非常に低い消費電力を想定されているため光量が足りません。

ここではH11タイプの全光束の高いヘッドライトにもつかえるLEDバルブを紹介します。

 

Autofeel ファン付きLEDヘッドライトバルブ

1年保証

1灯4000LMと非常に高い全光束を誇るAutofeelのLEDヘドライトバルブです。COB素子なので多重影になりにくく光軸やカットラインもキレイ出すことができます。

冷却ファン搭載

冷却効果の高い大型フィンと冷却ファンで高い放熱性をキープします。LED素子を低温に保てるため長寿命化が期待できます。

Autofeel ファンレスLedヘッドライトバルブ

1年保証

4000LMと高輝度ながらファンレスを実現したLEDヘッドライトです。輝度はキープしつつ消費電力をわずか25Wにおさえたためファンレス化を実現できました。故障箇所が少なくなる構造のシンプル化は製品寿命に大きな影響を及ぼします。

ファンレス設計

大型の冷却フィンを採用することによりシンプルな構造を実現。可動部がないため故障の心配がありません。ただし全長が93mmと大型になるので取り付けスペースには注意が必要です。
 

IPF ヘッドライトLEDバルブ

3年保証

IPFのヘッドライト用としてリリースしているH11LEDバルブです。使用環境の厳しいヘッドライトでの3年保証は嬉しい。

美しいカットオフライン

車検に完全対応のした美しいカットオフラインはさすが大手日本メーカー品です。これだけきれいにカットオフラインが出ていれば対向車に迷惑になることがなくパッシングなどをされる心配もありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?H11をはじめとしたLEDヘッドランプは互換性や消費電力の兼ね合いで少し気をつけなければいけない製品ですね。

とくにヘッドライトにも使えるH11は消費電力、発熱ともに大きいため互換性には特に注意が必要です。誤った使い方をするとヒューズぎれやランプシェードの破損など思いもよらぬ事故につながる危険性もあります。

フォグランプであれば元々の消費電力も少ないためさほど気にする必要はありません。また配光に関してもヘッドライトのロービームほど気を使わなくても良いでしょう。

LEDバルブはハロゲンより圧倒的に長寿命でHIDより機構がシンプルな理想のライトバルブです。愛車のドレスアップやチューンナップ、省エネ化に最適なLEDバルブを見つけてくださいね。