AMAZONから3,000円もらう裏技

【H4タイプ】最新の良配光 おすすめLEDヘッドライト


自動車用ヘッドライトの大本命!
 

カットオフライン・エルボーポイントが綺麗に出るLEDタイプのヘッドライトおすすめランキングです。

LEDヘッドライトは明るさだけで選びがちです。

配光性能は数値化が出来ないので比較しにくいんですね。

少し前までカットラインが出ていない製品が多く「ロービームなのにパッシングされる!」「対向車に迷惑!」なんて製品も多かったですね。

高額なLEDヘッドライトなのに2015年から車検が厳しくなった影響で車検に通らず純正に戻す。。。なんて話も聞いたものです。

そんな状況も各メーカーの研究開発、技術の蓄積も進み安心して使用できる良配光のLEDヘッドライトが続々登場しています。

ここではそんな最新のLEDヘッドライトを「H4バルブ」に限定してご紹介します。

LEDヘッドライトは配光で選ぶのニャ

猫太

 

目的別おすすめLEDヘッドライトバルブ

LED化が難しかったH4バルブにも最近はたくさんの商品が発売されています。でも中国製の粗悪な商品が大量に出回っているのも事実。

車検に通らない上に対向車に迷惑な自動車。

そんな愛車にはしたくないものです。

特に中国製品は右側通行向けに作られた製品が多いので注意してください。

左側通行用のカットライン

右側通行用のカットライン

両者の違いはお分かりになるでしょうか?

右側のヘッドライトですと「歩道は暗く、対向車は眩しい」という配光になっていますね。

これはアメリカのような右側通行用のヘッドライトバルブをそのまま日本で販売しているため起こります。

いくら安価であってもこのようなヘッドライトは絶対に選んではいけません。

車検に通らないだけでなく非常に危険です。

 

ここでは評判のいい車検に通る交換用LEDヘッドライトをご紹介します。

国内メーカーの高品質LEDヘッドライト

【オススメ№1!】

fclのLEDは国内メーカー品ながら比較的安価なのに日本メーカー品質の高品質LEDヘッドライトバルブです。

みんカラ(カーパーツ情報SNS)でも大人気&高評価で安心して選択できます。

関連記事
>>>fclのLEDバルブを民間車検場で厳しくチェックしてきました!

国内自動車部品メーカーでもヘッドライト関連ではトップクラスのIPF。
そのIPFが満を持して送り出した高品質LEDヘッドライトです。
国産車専用設計
中国産LEDヘッドライトと異なりIPFは日本車を用いてテストをしています。特に左ハンドル車とはカットラインが異なりますので外国メーカー品はテストが不十分な傾向があります。所有している自動車が日本車であればIPF製のLEDヘッドライトが最適でしょう。

冷却ファン搭載
LEDヘッドライトは熱に弱く出来るだけ低い温度で使用するべきです。ですが真夏の渋滞や長時間のアイドリングではエンジンルームはとても高温になります。
放熱フィンだけでも十分な冷却が可能とされていますが温度は低いほうがより製品寿命が伸びます。
日本の道路事情を加味した追加仕様はさすが国内メーカーというところです。

おすすめポイント
  1. 信頼のIPF製
  2. 日本車に最適
  3. 本熱フィン+冷却ファンのハイブリット冷却
  4. 長期3年保証
注意点
  1. 中国メーカー品と比較して高価
  2. ファン付きなので全長が長く取り付けられない車種がある
  3. 12V専用
  4. 外車には使用できない
自動車メーカーに純正としてパーツを供給しているIPF製だニャ。国産車ならコレほど安心して使えるLEDヘッドライトバルブはないのニャ

猫太

角度調整機能付きの安価なLEDヘッドライト

光軸調整の付いた格安LEDヘッドライトです。

新車検基準対応
純正フィラメントの位置を高輝度LEDで正確に再現しハロゲンランプと変わらないきれいなカットラインを出すことが出来ます。

Lumileds LUXEON Z ES チップ搭載
アウディなどでも採用されているLumileds社のヘッドライト専用高輝度LEDチップを搭載しています。
安価なLEDヘッドライトは汎用LEDを使用している場合が多く耐久性に問題がある場合があります。

おすすめポイント
  1. 国内メーカーのLEDヘッドライトに比べれば圧倒的に安価
  2. 角度調整機能付きで光軸調整の幅が広い
  3. ファンレスなので取り付けられる車種が多い
  4. 12V,24V兼用
注意点
  1. 1年保証
  2. ヘッドライト切れインジケーターが点灯することがある
  3. 中国メーカーなので不具合対応に懸念が残る
この価格で角度調節機能付きのLEDが買えるのは凄いニャ!ただし!中国メーカーだし日本に代理店がないのニャ。不具合時には中国メーカーとの交渉となるので覚悟が必要ニャ。

猫太

 

HIDに負けない最強のLEDヘッドライトが欲しい

単純な明るさではHIDに一歩及ばないLED。
通常8000LM程度のLEDですが、コチラは10000LMというHIDに負けない高輝度タイプ。
10000LM
高輝度を実現するCSP社製LEDチップを他社に先駆けて搭載。HIDに負けない明るさを長寿命・少消費電力のLEDで実現します。

完全防水
防水等級IP65相当の堅牢性の高いボディ。雨天やホコリの多い環境などでも抜群の信頼性を発揮します。

おすすめポイント
  1. 高輝度10000LM
  2. 国内メーカーのLEDヘッドライトに比べれば圧倒的に安価
  3. 角度調整機能付きで光軸調整の幅が広い
注意点
  1. 1年保証
  2. 消費電力が60Wと少し多い
  3. ファン付きなので全長が長く取り付けられない車種がある
  4. 12V専用
  5. ヘッドライト切れインジケーターが点灯することがある
10000LMはスゴイのにゃ!中国産だけど日本に代理店があるから安心ニャ

猫太

 

ヘッドライトの豆知識

自動車のヘッドライトですがいろいろな種類がありますね。
ここではヘッドライトの豆知識について解説していきます。

ハロゲン・HID・LEDの違いは発光方法

自動車のヘドライトのランプにはハロゲン・HID・LEDと3種類あります。
HIDが出た当初はこれ以上のライトはないと言われたものですが最新のLEDがその立場を脅かしつつあります。

ハロゲンランプ
100年以上前から自動車のヘッドライトに使われている定番のランプ。信頼性が高く非常に安価。色目が暖色で明るさの数値以上に視認性が良いのが特徴。他のランプはこのハロゲンランプを基準に開発が続けられている。
ハロゲンランプの特徴
カットライン
(5.0)
明るさ
(3.0)
耐久性
(2.0)
消費電力
(2.0)
発熱
(2.0)
応答性
(3.0)
価格
(5.0)
総合評価
(3.5)

みぃ
とてもバランスの良いランプだから代わりになるものが長年でてこなかったのね

 

HIDランプ
HIDランプ、キセノンヘッドランプ、ディスチャージヘッドランプなど複数の呼び方がありますが同じものです。最大の特徴は交換用ランプの中では最も明るいということです。登場当初は非常に高額であったが近年は低価格化が進んでいる。発光にはランプの他にコントローラーが必要で単純なランプ交換では取り付けられず技術を要する。
HIDランプの特徴
カットライン
(4.0)
明るさ
(5.0)
耐久性
(3.0)
消費電力
(4.0)
発熱
(3.0)
応答性
(3.0)
価格
(3.0)
総合評価
(4.0)
青白い光はとてもかっこいいのニャ。でも取り付けが難しくスペースの問題も出るんだニャ

猫太

 

LEDランプの特徴
ハロゲンランプに比べ非常に明るく全ランプで最も低消費電力です。ヘッドライトで使用する電気はエンジンの力で発電しています。消費電力が小さいヘッドライトは燃費の改善はもちろんエンジンパワーにも大きく影響します。少消費電力なので発熱も少ないのですが、メリットでありデメリットにもなります。降雪地帯ではヘッドライトに付いた雪が溶けにくいため視認性に問題が出る場合があります。
LEDランプの特徴
カットライン
(3.0)
明るさ
(4.5)
耐久性
(5.0)
消費電力
(5.0)
発熱
(5.0)
応答性
(5.0)
価格
(2.5)
総合評価
(4.5)

みぃ
明るく省エネなのに雪国じゃ使えないのね。そういえばLEDの信号機でも同じ問題が出てたわね

 

ハロゲン・HID・LEDの比較

価格比較

LED > HID >> ハロゲン

価格ではハロゲンが圧勝。LEDが一番高価となります。
ただ耐久性を考慮するとLEDとHIDは同程度のコストパフォーマンスと考えられます。

明るさ

HID > LED >> ハロゲン

明るさではHIDの勝利!ただLEDも僅差で大きな差はありません。
ハロゲンは他の光源と比べれば劣ります。

取り付けやすさ

LED = ハロゲン >>> HID

これはHIDの完敗。バラストやコントローラーなど普通のランプにはないものがついており初めての作業では交換は難しかもしれません。LEDはほとんどハロゲンと同じ形状なのでランプを外して交換するだけになります。 自動車屋さんで取り付けて貰う場合でもハロゲンであればHIDほど工賃はかからないこともメリットです。

バルブ形状の違いについて

ヘッドライトのバルブには多くの規格があります。
よく使われているバルブ形状だけでも「H1・H3・H3C・H4・H7・H8・H11・H16・HB3・HB4」と非常にたくさんの種類があります。

規格が異なると使用できないため交換前には車両のランプ形状を調べる必要があります。

参考 車種別電球適合表日星工業株式会社

ヘッドライトの新基準車検

2015年9月1日より車検時の光軸検査がロービームにて行われるように変更となっています。
それ以前はハイビームしかもカットラインなどチェックせず光量だけの検査でした。

そのため粗悪なLEDヘッドランプでも車検に通ってしまうため、対向車に対し非常に迷惑な状態の車両が多く発生していました。

純正のハロゲンランプを使ったヘッドライト。綺麗にカットライン、エルボーポイントが出ている。グレアもなくきれいな配光です。対向車を幻惑することもなく暖色のため視認性もよく非常にバランスの良いヘッドライトです。
中国製の粗悪な交換ランプ。エルポーポイント上部にグレアが出ており、これでは対向車から見て非常に眩しく迷惑な状態です。カットラインも曖昧なため新車検基準には適合しないと思われる。調整では解決できなためランプ交換後の再車検となります。また右側への配光も不十分であるため光量の割に視認性も非常に悪くなります。
国内メーカーの交換用ランプ。純正同様きれいなカットライン、エルボーポイントが出ている。光量は純正より大幅にましているが無駄な光は綺麗にカットされているため正面から見ても眩しさは感じない。左右の配光も綺麗で広い範囲で良好な視認性となります。
出典:E12ノート 日本製HIDと中華製HIDの比較検証 | 日産 ノート – みんカラ

 

新基準となり粗悪な製品では車検に通らなくなったため現在は大幅に改善されています。

眩しくて迷惑な車が多かったんだニャ。こういう規制は大賛成だニャ

猫太

LEDヘッドライトの豆知識

近年急激にコストダウンが進み手が届きやすくなったLEDヘッドライト。
ここではLEDヘッドライトの特性について解説します。

LEDとは?

LEDとは「light emitting diode」の略で発光ダイオードと訳されます。
発光ダイオードはダイオードの一種で電気を流すと光る特性を持つ半導体です。

LEDの特徴

ハロゲンやHIDと比較し非常に単純な構造をしており安価に大量生産が出来る。
また電球と異なりフィラメントを使わないため衝撃に強く長寿命であり、自動車にとって最適な光源として利用されている。

発光ダイオードは比較的発熱の少ない光源ですが自動車用の高出力品では無視できないほどの高温となります。
LEDの構成部品には熱に弱いものも含まれるため充分な放熱が必要となあります。

LEDヘッドライトの配光設計は難しい

初期のLEDヘッドライトに配向性が悪い商品が多かったのにはLED特有の構造があります。

ハロゲンは内部のフィラメントが発光するためランプ全体が光ります。
バルブから出た光は反射鏡により前方に集められ照射されます。


出典:HID装着

 

LEDヘッドライトは内部のLED素子が発光しますが素子は複数あり、しかも光に「方向」があるため明るさにムラが発生します。

ハロゲン用に設計された反射鏡では上手く配光できずカットラインやエルボーポイントの不良を引き起こしました。

 

現在は研究が進みLED素子の大幅な小型化がなされています。
そのためハロゲンとほとんど変わらない位置で発光するLEDヘッドライトが開発され問題は少なくなってきています。

 

出典:///IPF LED HEAD LAMP CONVERSION KIT 341HLB

LEDヘッドライトの放熱問題

ハロゲンバルブは金属とガラスで構成されています。
LEDは発熱が少ないとはいえ構成パーツに樹脂や接着剤が使われており、むしろ冷却の必要性はハロゲンより高いといえます。

現在流通しているLEDヘッドライトの冷却方法は3種類。
その冷却方法について考えるべきことをまとめます。

放熱フィンタイプ
LEDバルブの本体は熱伝導率が高いアルミニウムで出来ています。そのボディに切れ目をたくさん入れラジエターのような冷却用のフィンとして作用させています。

メリット
・構造がシンプルでボティサイズが小さい

デメリット
・停車中は自然放熱だけに頼るため温度が上昇しやすい

冷却ファンタイプ
冷却用のファンで空気を循環しLEDの冷却を行うタイプ。渋滞時や風の通らない停車時にも十分な冷却効果を発揮します。
メリット
・強制的に空気を送るため冷却効果が高い

デメリット
・モーターなど電気部品を含むため故障する可能性がある

ハイブリットタイプ
放熱フィンと冷却ファンの両方を採用したモデル。非常に高い冷却能力を持っており渋滞などの風が入らない状況にも強い。万が一冷却ファンが故障した場合でもフィンの働きにより、放熱フィンタイプに近い冷却能力をキープすることが出来る。
メリット
・非常に冷却効果が高い
・ファンが壊れてもフィンだけでも十分な冷却ができる

デメリット
・LEDバルブが大きくなるため取り付けられない車種がある
・高価になる

それぞれ一長一短ですが安価な中国製の冷却ファンタイプは非常に寿命が短いことがあります。
ファンモーターの品質が悪いとモーター故障→加熱→LED焼損とすぐに壊れてしまいます。
放熱フィンタイプであれば最低限の冷却が電気部品に頼らずできますのでこのようなことがありません。

ハイブリットタイプはIPF製が有名です。
高価になりがちですが信頼線という面では一歩抜き出ています。

 

スポンサーリンク

まとめ

LEDヘッドライトはHIDに比べ手軽に交換できます。安価な製品も出回り入手しやすくなってますが地雷製品が多いのも事実。
どうせなら満足の行くLEDヘッドライトを入手したいですね。
今回の商品を参考にして満足できる商品と出会えるといいですね。